若いうちしか行けない!?30歳まで利用できるワーキング・ホリデー制度とは?

Pocket

ビーチまえに置かれたサーフボードを載せたワンボックスカー

 

あなたはワーキング・ホリデー制度(略してワーホリ)をご存じだろうか?

 

18歳から30歳までの人が利用できる制度で、あなたがすでに30歳を超えている年齢であれば利用することはできないのだが、30年以上前から海外に1年から2年間暮らす手段として知られており、今も人気がある。

 

ワーキング・ホリデー制度は、次のように説明されている。

ワーキング・ホリデー制度とは,二国・地域間の取決め等に基づき,各々が,相手国・地域の青少年に対し,休暇目的の入国及び滞在期間中における旅行・滞在資金を補うための付随的な就労を認める制度です。各々の国・地域が,その文化や一般的な生活様式を理解する機会を相手国・地域の青少年に対して提供し,二国・地域間の相互理解を深めることを趣旨とします。
(一般社団法人日本ワーキング・ホリデー協会HPより)

 

通常、海外で働くためには就労ビザが必要になる。

 

しかし、様々な条件をクリアすれば、海外で勉強しながら現地で働いたり、旅行しながら現地で働き滞在資金を稼ぐことが可能になるというビザなのである。

 

日本とワーキング・ホリデーの取り決めをしている国であれば何か国でも利用できるが、ひとつの国で一度利用すると30歳になっていなくても、再び同じ国での制度利用は認められない。

 

英語圏以外でもワーキング・ホリデー制度は利用できる?

ミニ地球儀

 

この制度ができた30年以上前は、英語圏の「オーストラリア」「ニュージーランド」「カナダ」の3か国だけだった。

 

私の周りでもワーキング・ホリデーがブームだった頃があり、その当時もまだ3か国しか利用できなかったので、友人達のほとんどはオーストラリアを選んで利用していた。

 

現在の状況を調べてみると、ワーキング・ホリデー制度が利用できる国の数が英語圏以外も含めると21か国にまで増えている。

ワーキング・ホリデー制度のある国一覧
国名 開始年月日
オーストラリア 1980年12月1日
ニュージーランド 1985年7月1日
カナダ 1986年3月1日
韓国 1999年4月1日
フランス 1999年12月1日
ドイツ 2000年12月1日
イギリス 2001年4月16日
アイルランド 2007年7月1日
デンマーク 2007年10月1日
台湾 2009年6月1日
香港 2010年1月1日
ノルウェー 2010年2月
ポーランド 2015年2月27日
ポルトガル 2015年3月27日
スロバキア 2016年6月
オーストリア 2016年7月
ハンガリー 2017年2月
スペイン 2017年4月
アルゼンチン 2017年5月19日
チェコ 2017年6月27日
チリ 2017年10月18日

出典:一般社団法人日本ワーキング・ホリデー協会より

この30年以上の間に世界中で利用できる国が増えていることに驚いた。

 

オーストラリアでは、年齢制限を35歳まで上げるような話も出ている。

 

国によってはビザの発給数に制限があったり、語学力のない状態で行くと時給や待遇面であまり仕事が選べないというような問題もあるようだ。

 

個人的には留学とは違う経験ができ、英語も学べるワーキング・ホリデー制度はオススメかもしれない。

 

以前、若い人達は海外へ行きたがらないという記事を読んだことがあるが、できれば「井の中の蛙」にならず、世界から改めて日本を見てほしいと思う。

 

今まで見えていなかったものが確実に見えるだろう。

 

さて、昔から一番人気のある国は親日家の多いオーストラリアだというが、あなたならどの国を選ばれるだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください