英語を話せるようになりたい!?その完璧主義が邪魔になる!?

Pocket

バランス良く積み上げられた石の上をジャンプする男性

 

2020年のオリンピックの影響があるからなのか「英語を話せるようになりたい」と思う社会人が多い。

 

英語を独学するために英語教材マニアのように次から次へと教材を購入する人や近所の英会話スクールに真面目に通っている人。

 

様々な方法で何とか英語を話せるようになりたいと思い英語学習を試みるが、続かなくて挫折したり、何年も続けているのに話せない人も多い。

 

なぜ、学校で英語を学んできたのに、大人になっても英語が話せないのだろうか?

 

完璧主義すぎるのをやめればいい。

的の中心に刺さるダーツ

 

昔、どうしても英語が話せるようになりたいと企業インターンのような形でアメリカに1年間ほど行った知人がいる。

 

その当時、彼女は30代半ばで小学校の教師をしており英語があまり話せなかったのだが、日本に戻ってきた時には英語が普通に話せるようになっていた。

 

彼女がアメリカへ行ったのは、日本ではインターネットが少しづつ普及しだした頃でスマホなんてなかった時代だった。

 

今ならパソコンやスマホで英語学習ができるアプリやネイティブ講師とオンラインで英会話レッスンができるが、その当時は紙の辞書や参考書に頼るしかなかった。

 

では、どのようにして英語を話せるようになったのか聞いてみると、次のように話してくれた。

 

  • いつも紙の辞書を片手に持ち、分からない単語が出てくると、とにかくその場で分かるまで質問しメモをした。

 

  • 文法が間違っていようが、発音が間違っていようが、恥ずかしがらずにどんどん英語で話した。

彼女いわく、「完璧主義をやめること」で英語を話せるようになったという。

 

英語学習にとって完璧主義は邪魔になる

赤い色鉛筆で書かれた○と×

 

完璧な文法や発音じゃないから、恥ずかしくて話せないという人は多いのではないだろうか?

 

特に日本人は完璧主義な人が多いと言われており、その完璧主義が英語を話せないようにさせているのである。

 

会話をしている相手は、あなたが日本人であることを分かったうえで話しているのだから、ネイティブ並みの英語で話す必要はないのだ。

 

もし、あなたが完璧な英語を話したいと思われてのなら、その考えは捨てて、完璧ではない英語でもどんどん話す機会を作った方がいい。

 

インプットばかりでは英語は話せない。

 

どんどんアウトプットすることで、英語は話せるようになるのである。

 

オンライン英会話レッスンなら格安で利用することができるので、ご自身の英語が伝わるかどうかを一度試されてみてはいかがだろうか。

 

完璧な文法や発音でなくても英語が通じることが分かると、英語学習が楽しくなり、意欲も湧いてくるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です