早口言葉が苦手でも慣れる!?英語の発音練習に効果的な方法とは!?

Pocket

口を両手で抑えているカエルの人形

 

子供の頃に遊んだ覚えのある「早口言葉」と聞いて、あなたはどのようなものを思い出されるだろうか?

  • 隣の客はよく柿食う客だ
  • 生麦生米生卵
  • 東京特許許可局許可局長

これはほんの一例だが、案外と舌がもつれて言えないものである。

 

英語圏の子供やESL(英語が母国語ではない英語学習者)向けに英語の早口言葉は、tongue twister(直訳=舌がもつれる)といわれていて、英語の発音練習に活用されている。

 

英語の早口言葉も慣れる?

 

人が声を出しているイラスト

 

英語学習をしていると、「発音がうまくできない」という悩みをお持ちの人は多いと思う。

 

そこで、英語の発音練習で効果的な方法としてオススメしたいのは、「英語の早口言葉」である。

 

最初は舌がもつれて難しいかもしれないが、何度も繰り返して口に出して英語の発音を練習することで、徐々に口周りや舌の筋肉が鍛えられ流暢に発音ができるようになるのだ。

 

海辺の貝殻

 

英語の早口言葉をを挙げると有名なものと言えば、sとshの発音練習で使われる”She sells sea shells by the seashore”だろう。

 

よく耳にされている部分は最初の1フレーズで、この早口言葉には続きがあり全文は次のようになる。

She sells seashells by the seashore,
彼女は海辺で貝殻を売る

The shells she sells are seashells, I’m sure.
彼女が売る貝殻は確かに海の貝殻だ

So if she sells seashells on the seashore,
だからもし海辺で彼女が貝殻を売っているのなら

Then I’m sure she sells seashore shells.
それは海の貝殻を売っているに決まっている

 

ネイティブの音声で早口言葉を聞くサイト

聞いていることを強調している二人のイラスト

 

英語の早口言葉を聞くことができるサイトをいろいろと探してみた中で見つけたものが「Espresso English」である。

 

Espresso English 

https://www.espressoenglish.net/

このサイトでは、先にご紹介した”She sells sea shells by the seashore”を含む6つの早口言葉がスクリプトと音声付で紹介されている。

 

最近アプリなどで多いAI音声ではなく、ネイティブ(女性)の音声を聞くことができるのでオススメだ。

 

このサイト以外でも「tongue twister」と検索すれば、子供向けやESL向けなどのサイトや動画がたくさん出てくるので、ご自身で面白そうなものを探されてみてはいかがだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です