察してばかりいるから英語が話せない!?日本人独特の能力!?

Pocket

2つの人のイラストとEMPATHYという文字

小さな島国である日本は、昔から「察する文化」「恥の文化」だと言われている。

 

日本人の中にも相手の気持ちに対して鈍感な人もいるが、特に英語圏に比べるとはるかに「察する」民族であることは確かだと思う。

 

だから、増え続けている訪日外国人にとっては、相手を思いやったおもてなしが魅力的に見えるのかもしれない。

日本の「察する」は世界共通じゃない?

ONE WAYと書かれたたくさんのプレートの画像

 

「察する」ことは、世界共通ではない。

 

実際に外国人に日本人の印象を聞いてみると、日本人は意思表示をしているつもりでも、外国人からするとYES・NOがはっきりしない人が多いと感じているそうである。

 

アメリカ在住の友人(日本人)から聞いた話がある。

 

私の友人は、時々職場の同僚(中華系)の雑用を手伝っていたそうなのだが、アジア人同士の社交辞令的なやり取りで、同僚が友人の申し出を毎回断っても気にせず手伝っていたそうである。

 

ある日、同僚を手伝おうとした時、いつものように申し出を断られたので、その言葉に従い手伝わなかったことから、その同僚とトラブルになったというのだ。

 

自分の気持ちをYES・NOではっきりと伝えるアメリカ人ならトラブルにはならなかったと思うが、その同僚曰く「断わったからと言って、なぜ手伝ってくれないのか?あなたはいつからアメリカ人になったのか?」と察してくれなかったことが気に食わなかったらしく、その後は同僚との関係が悪くなったそうだ。

 

たとえアメリカなどの英語圏に住んでいても、日本人同士では「察する」ことが必要だと思うが、まさかアジア人同士でも察することが必要になるとは驚いた。

「察する」は日本人独特の感性!?

好きか嫌いかのたくさんの指のイラスト

 

日本人が英語が話せない原因の中には、間違って恥をかきたくないという「恥の文化」も大いに関係しているが、「言わなくても分かってくれるだろう」という日本人独特の「察する文化」が邪魔をしていると言われている。

 
 ① 隠された事情などを、外に表れた様子などから感じ取る。
   推測して了解する。 
 ②他人の気持ちを推し量って同情する。思いやる。 

(引用元:三省堂 大辞林 より)

「察する」は日本人独特の能力だと世界では言われ、あなたも日々「察する」ことを当たり前のようにされていると思う。

 

では、アメリカなどの英語圏の人には「察する」ことを期待せず、自分の思ったことをハッキリと伝えた方がいいのだろうか?

 

英語圏の人でも「空気を読む」ことをしている人はいると思うが、個人的には英語圏というより欧米人に関しては、自分の意思をYES・NOではっきりと伝えることは重要で、それに加えて日本人独特の「察する」や「空気を読む」などの能力を生かしながら話すことも必要だと思う。

 

相手の気分を害したくないからと言ってあやふやな返事をしてしまうと、後で訂正しにくい状況を作ってしまうことにも繋がる。

 

最後にこの動画をご覧いただきたい。

 

英語圏の人だけではなく、欧米人に対しては、はっきりと意思表示をするべきだと教えられているために、英会話もままならないのに正直に自分の思いや考えをそのまま話してしまうと、相手に悪い印象を与えてしまいかねない。

 

もし、あなたが海外へ行ったり外国人と接する機会などがあった場合は、あやふやな返事や愛想笑いでごまかすことだけは控えた方がいいと思う。

 

そして、察することもホドホドがいい。

 

外国人に対して「察しすぎる」ことで、知らず知らずのうちに誤解を招いているかもしれない。

 

何事も「良い(いい)加減」が一番だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です