フォニックス?英語の発音が苦手な人が知らない発音ルールとは!?

Pocket

アルファベットの版

 

最近はインターネットのお陰で様々な情報を得ることができるため、昔とは違う方法で英語学習をする人達が増えてきた。

 

あなたは英語の基本的な発音を理解されているだろうか?

 

日本人の場合、英語特有の発音が理解できず発音が苦手だという人も多い。

 

「フォニックス(Phonics)」をマスターすれば、あなたの英語の発音も変えられるかもしれない。

学校では教えてくれないフォニックスとは!?

二人が向かい合っているシルエットのイラスト

 

あなたは「フォニックス(Phonics)」という言葉をご存じだろうか?

 

日本の英語教育では取り入れられていなかったため、おそらく聞いたこともないという人が大半だと思う。

 

フォニックスとは、英語圏の子供達に読み書きを教えるために開発された発音と文字の間にある関係性を学ぶことができる音声学習法である。

 

また、フォニックスは英語特有の発音の仕方も理解できるので、非ネイティブが英語学習をする時には発音矯正に利用されることも多く、日本の英会話スクールでも取り入れられている。

 

あなたもフォニックスを学び英語の綴りと発音の間にあるルールを理解しマスターすると、知らない英単語を聞いたとしても推測したり、英語を正しく読むことができるかもしれない。

 

ただ、英語には例外もたくさんあるため、すべての発音をフォニックスでカバーすることはできないが、ルールを知らないより知っている方が英語学習をする上では役に立つと思う。

フォニックスをマスターするには?

黒いタイプライター

 

フォニックスのルールとはどのようなものなのか、フォニックスの発音の簡単な一覧表があるのでご覧いただきたい。

フォニックス発音一覧
a b c d e
ブッ ドゥ
f g h i j
フッ ハッ ジュ
k l m n o
オウ
p q r s t
プッ トゥ
u v w x y
クス
z        
       

※カタカナの表記は異なる場合がある。

 

私達が学校で習ったアルファベットの読み方との違いがお分かりいただけるだろう。

 

フォニックスで英語を教えられているアメリカの幼稚園児の中には英字新聞の70%ほどを読めるようになってしまう子供もいるそうだ。

 

英語を学び始める段階でフォニックスの発音ルールをマスターしていれば、英語が苦手な日本人ではなかったかもしれない。

 

では、実際にネイティブがフォニックスを教えている動画もご覧いただきたい。

フォニックスの説明動画
(出典元:jolly learningより)

 

フォニックスは、無料のサイトやアプリ、また本でも学ぶことができる。

 

とりあえず、フォニックスがどのようなものなのか分かっていただくために子供向けのものではあるがご紹介しておこう。

GENKI ENGLISH】

「GENKI ENGLISH」が公開しているサイト

日本の学校でも3年間教えていたことがあるリチャードさんのサイトで子供向けだが大人でも利用できる。

http://genkienglish.net

次の表はフォニックスの発音の一覧表を一部抜粋したものだが、実際のサイト内で下にスクロールすると発音が分かる音声を直接聞くことができる表が出てくる。

phonics発音一覧表の画像(出典元:GENKI ENGLISHより) 

例えば、aのところにカーソルを合わせるとフォニックス発音で「ア」、リンゴの絵をクリックすると「apple」と音声で教えてくれる。

「Par1」「Part2」「Part3」それぞれ様々なパターンの発音が実際の音声で聞くことができる。

【アメリカPBS放送の子供向けサイト】

http://pbskids.org/

このサイトも子供向けのサイトだが、簡単なゲームをしながらフォニックスの発音が学べる。

ゲーム内でフォニックスの発音が正しく聞き取れているのかも確認できる。

大人になってからでも基本的な発音をもう一度理解すると、これから先の英語学習も進めやすくなると思う。

 

フォニックスのルールを知ることでカタカナ読み英語ではなくなり、綺麗な発音で英語が話せるようになるだろう。

 

子供向けだと敬遠せずに、英語を正しく読み書きすることに繋がるフォニックスをあなたの英語学習にも取り入れられてみてはいかがだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です