社会人のやり直し英語は基礎が肝心!始めるならこの2つから!?

Pocket

舗装道路に書かれたFINISHとSTARTの文字

 

2019年で大学入試のセンター試験が終わり、2020年からは新しい試験として「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」が導入されることはご存じだと思う。

 

特に英語については大変革だと言われ、これまでの「読む」「聞く」の2技能に「話す」「書く」を加えた4技能になるそうだ。

 

ビジネスパーソンが英語をやり直すのなら、中学から学んでいたような受験のための英語学習ではなく、ビジネスで通用するための英語学習をすればいい。

 

社会人のやり直し英語で真っ先に始めることとは?

虫眼鏡でGRAMMARを拡大したもの

 

あなたは自分の英語力がどれくらいなのか把握されているだろうか?

 

世界最大規模の語学学校であるイー・エフ・エデュケーション・ファースト(略してEF)がオンラインで公開している無料テストの簡易版では、自分の英語力を診断することができる。

 

この判定結果は”CEFRレベルと連携している”とのことなので、世界基準でのあなたの英語レベルを知ることができる。

 

EF SET】 
EF SETテスト  

 

もし、判定結果があなたの満足できるものではなく、これまで英語から久しく離れて中学レベルの英文法も曖昧なら、真っ先に「文法力」をつける学習に取り組んでみてはいかがだろうか?

 

社会人で英文法が曖昧なまま、英会話スクールでネイティブ講師のレッスンを受けたり、聞き流すだけの英語教材を購入し練習すれば英会話力が伸びると信じて、英文法の基礎から学ぶことを後回しにしている人が多いように思う。

 

英語を話すためには、やはり基礎的な英文法をしっかりと理解し身に着けておくことが必要である。

 

ビジネス英語を話せるようになりたいのであれば、難しい英文法をマスターすることは求めず、とりあえず中学校で学んだレベルまでをしっかりと理解し、そこから学習を進めていけばいい。

 

基礎的な文法力と言っても、一から英文法を学ぶのではなく昔学んでいたことを復習しながらの学習になるので、案外大人になってからの方が理解できるかもしれない。

 

 

今の中学英語の教科書から大人向けまでの英文法教材などの中から自分に合った読みやすい教材を選び英文法を理解すると、そのあとの英語学習が楽になるだろう。

 

同時進行で学習してほしいこととは?

マジックペンで書かれたたくさんの単語

 

文法力と同様に社会人のやり直し英語で必要になってくるのは「語彙力」で、英文法を理解することと同時進行で行うことをお勧めする。

 

自分の英語語彙力がどれくらいのものかが診断できる「Weblio語彙力診断テスト」というサイトがあるので、一度試してみてほしい。

 

weblio語彙力診断テスト
https://uwl.weblio.jp/vocab-index

 

そもそも英単語の使い方が分からなければ英文法は理解できないし、英文が読めても英単語の意味が分からなければ英文の意味も理解できない。

 

語彙力を鍛えるために、昔のように英単語帳を使って難しいものや新しいものをひたすら暗記することもいいが、それよりも中学校で覚えた基本的な英単語の言い換えをたくさん覚え、使うことの方が英語の上達が早くなるだろう。

 

あなたは、ネイティブ同士の会話などを聞かれたことがあるだろうか?

 

海外ドラマなどでネイティブの会話を聞いてみると、意外なことに使われている言葉は簡単で、基本的な単語を言い換えていることが多い。

 

つまり、あなたが中学生の時に覚えた基本的な英単語の言い換えをマスターし応用すればいいのである。

 

英単語の中でも「動詞」は言い換えによって様々な意味を持つようになるので、基本的な動詞をマスターすることでより多くの表現ができるようになる。

 

業界の難しい専門用語や形式的な言い方などで使う単語は、学習していく中で必要になった時に覚えればいい。

 

難しい単語を並べて話すより基本的な単語を言い換えて話す方がソフトな感じになり、スムーズなコミュニケーションに繋がるだろう。

 

何事も基礎をおろそかにしないことABCの模型に乗っている人型人形

日本からアメリカに移住し長年住んでいるのに文法をしっかり学んでこなかったせいで自分の話す英語に自信がないという人の話を聞いたことがある。 

 

海外に行けば英語が話せるようになると思いがちだが、それは基礎的な文法力と語彙力があればこそだと思う。

 

文法力や語彙力を鍛えるために、ランキングで上位だからなどという理由で教材を選びがちだが、英語教材マニアにならないためにも本当に自分に合っているのかどうかを見極めてほしい。

 

最近はネットでも無料で基礎的な英文法を教えてくれるサイト、無料動画、文法や単語を学習できるアプリなどがあるので、様々なものの中から自分に合った教材や方法で、まず基礎的な文法力と語彙力をつけることをお勧めする。

 

それがリスニング力やスピーキング力を伸ばすことにも繋がるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です