シャドーイングが難しい!?英語初心者にはディクテーションがおすすめ!

Pocket

板の壁に映る自転車に乗った男性のシルエット

 

最近は英語が話せるようになりたいと独学で学習する人はもちろん、英会話スクールでもリスニング力を鍛えるトレーニング方法として「シャドーイング」が当たり前のように勧められている。

 

学校で教えてもらったことのないトレーニング方法ということもあり認知度は低く、昔は「シャドーイング」なんて言葉を知っている人は英語を専門にしている人くらいだったかもしれない。

 

シャドーイング(shadowing)は、そもそも同時通訳者養成のための基礎のトレーニング方法で、英語の音声を(shadow=影のように)後から追いかけて同じように真似をして声に出すのだが、テキストなどを見ずに行うことが良いとされている。

 

しかし、基礎的な英語力のない状態でシャドーイングでトレーニングを続けても効果は出にくく、中級レベル以上向けのものだとも言われている。

 

英語初心者がリスニング力を鍛えるには?

人が話しているイラスト


あなたはシャドーイングをされているだろうか?

 

英語をやり直そうと初心者が「リスニング力を鍛えるにはシャドーイングをすればいい」という周りの言葉を信じて始めてみたけれど、「音声が早くてついていけない」「難しい」という話をよく聞く。

 

特にシャドーイングの場合は、語彙力、文法力、リスニング力、リーディング力、スピーキング力である程度の基礎的英語力が必要になり、中級レベル以上に向いていると言われているので、英語初心者がいきなりテキストも見ずに音声を追いかけて真似ようとしても、自分の声が邪魔になって音声を聞き取ることも難しくなるだろう。

 

もし、あなたがシャドーイングが苦手だというのなら「ディクテーション」を取り入れてみてはいかがだろうか?

 

「ディクテーション(dictation)」とは、聞えた英語の音声をそのままり書き取ったりタイピングするという、とてもシンプルなトレーニング方法である。

 

「聞く」ということに意識を集中して行うため、慣れるまで自分の英語レベルに合った1分程度のものから始めても充分であり、分かるまで何度も繰り返し聞けばいい。

 

毎日のディクテーションのトレーニングが飛躍的にあなたのリスニング力を伸ばしてくれるのだ。

 

教材CDを利用してもいいし、最近はネットでも無料のサイトやアプリもある。

 

ESL向けでディクテーション!?

世界地図と国旗色をした人たちの輪

 

ディクテーションの教材として様々なものがあるので、初めから難しいものではなく自分の英語レベルに合ったものを使用し徐々にレベルを上げていけばいい。

 

また音声スピードが調整できたり、聞きながらタイピングできたり、スクリプト(英語字幕)のあるものを選ばれることをお勧めする。

 

海外のESLを対象にした無料サイトなどもたくさんあるので、いろいろと探してみるのも面白いと思う。

ESLとは
English as a Second Language(英語以外を母国語とする人たちのための英語)の略。
英語を母国語とする学生が国語として学ぶEnglishと区別するため、大学付属の非英語圏の学生を対象とした英語コースを総じてESLと呼ぶこともある。
(引用元:デジタル大辞泉より)

例えば、移民の国であるアメリカの小学校などでは英語を母国語としない子供達が多く通っている。

 

アメリカのすべての学校という訳ではないが、多くの学校では非ネイティブの子供達の英語学習のサポートをするためにESLクラスを設けており、子供達は各自それぞれに決められた時間に自分のクラスの授業を抜け出してESLクラスのレッスンを受けに行く。

 

転校時にはほとんど英語を話せなかった子供がESLクラスがあるお陰で徐々に話せるようになってくるのである。

 

移民の国アメリカでは当たり前の光景なのだ。

 

初心者向けディクテーションにおすすめのサイト

パソコンを見ながらノートを書いている男性

 

初心者向けのサイトやアプリがたくさんあるが、ここではPCで使える無料サイトをご紹介しておこう。

 

◆Randall’s ESL Cyber Listening Lab

http://www.esl-lab.com/index.htm

このサイト名が”ESL”となっているように、母国語が英語ではない人のために作られたものである。

「General Listening Quizzes」というところからいろんな場面を選べるようになっている。

 

  • 「easy」「Medium」「Difficult」とレベルが分かれおり再生時間が短い

  • Windows Media Playerでも再生することができ、音声スピードが調整できる

  • 簡単な英文から始まり、様々な会話を選べる

  • 穴埋め形式になっているが、”Quiz Script”のところをクリックするとスクリプト全文が見られる

 

◆VOA
(Voice of America – Leran English with Special English )

https://learningenglish.voanews.com/

VOAは、英語が母国語ではない英語学習者を対象にしたニュース番組を配信している。

 

  • 世界中の英語学習者から人気のあるサイト

  • 扱われているニュースは政治から経済、社会、スポーツ、芸能など多彩

  • 初心者でも分かりやすく難しい単語などが使われていない

  • 音声スピードが調整でき、モニターにはスクリプト(英語字幕)も出る

 

アプリもあるが、個人的にはPC版の方が使いやすいと思う。

あなたも英語力を試すために海外サイトで探してみてはいかがだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です