英会話GabaのLPAが難しくて落ちた!?LPAって何?

Pocket

男性が岩から岩に飛び渡るシルエット

 

講師とのマンツーマンレッスンが受けられる「Gabaマンツーマン英会話」は、英語を学びたいというビジネスパーソン達の間では知られている英会話スクールかもしれない。

 

英会話スクールのランキングでも人気があるようだが、Gabaマンツーマン英会話に関しての評価は、良いものとそうでないものに分かれる。

 

レッスンがマンツーマンのため、英語力レベルごとのクラス分けはない。

 

しかし、「レベルアップが難しい」という声をよく聞く。

 

「レベルアップが難しい」とは、どういうことなのだろうか?

 

レベルアップに必要な難しいLPAとは!?

カラフルな棒グラフを登る人型人形

 

Gabaマンツーマン英会話のレベルアップについて調べてみた。

 

まず、Gabaが設定しているレベルをご覧いただきたい。

Gabaのレベル表
レベル ビジネス英会話のスキル
かなり制限された範囲内での会話ならできる。
簡単な挨拶や自分の名前を伝えることができる。
助けを借りて日常会話ができる。
「コピーして」などのオフィスの中での簡単な指示に対応できる。
キーワードに頼って相手の話を理解できる。
自分の職務内容を簡単に説明することができる。
短い会話のキャッチボールができる。
社内会議などで質問に答える形であれば短い文章で自分の意見を言うことができる。
身近な話題では問題なく意思を伝えられる。
社内の会議であれば、自発的に自分の意見を伝えることができる。
海外で短期間の滞在が可能。
短い海外出張なら、相手が日本人であることに配慮してゆっくりと喋ってくれれば会話が可能。
相手に合わせて表現を使い分けられる。
英語の会議に参加でき、相手の考えを左右するプレゼンができる。
英語で日常生活を過ごせる。
会議、プレゼン等はほぼ問題なくでき英字新聞を読める。
ネイティブレベルに近い会話力。
スピーチ報告書やプレゼンなど、ほとんど問題なく行える。
10 ネイティブと同等のレベル。

(出典:Gabaマンツーマン英会話より)

 

Gabaマンツーマン英会話で、次のレベルにステップアップするためには、受講者の英語学習の上達度を評価する昇級テストのようなものがある。

 

これは「Learning Progress Assesment」略して「LPA」と呼ばれる。

 

Gabaマンツーマン英会話では、講師のことをインストラクターと呼び、LPAチェックもインストラクターによって受講者のレッスン時間内に行われる。

 

ただし、LPAを行うインストラクターを選ぶことはできない。

 

LPAは、受講者にとって次にステップアップするための重要なテストとなる。

 

なぜなら、LPAに落ちると次のレベルには進めず、同レベルの異なる教科書を購入し、再び同レベルのレッスンを続けることになるからだ。

 

Gabaマンツーマン英会話では、特に会話を重視しているため、TOEICで高いスコアを取っていても英会話が出来ないと低いレベルと診断される。

 

TOEICスコアが600点以上や700点以上の人でも英語が話せない人の場合、GABAレベルだとレベル3またはレベル4からのスタートということも多いそうだ。

 

次に、レベルアップに関する口コミを見てみよう。

カラフルな人々のシルエットのイラスト

LPAでレベル6突破は困難。
落ち続けて辞めていく人が少なくない。
追加レッスンを受けることで、なんとかパスすることもできるが、そういう人はLPA合格後に辞めていく。

明らかに私より英語が話せる妻が、私が一発で合格したレベル4からレベル5へのLPAに落ちてしまった。

受講時点でレベル4で、スタートから7ヶ月でレベル5へのLPAを受けましたが落ちました。

LPAの合格率をカウンセラーに聞いてみたところ、レベル2からレベル3 だと8割、レベル3からレベル 4だと6割ぐらいになるそうです。

Gabaマンツーマン英会話のLPAというレベルチェックの試験を受けたんだがレベル8には至らず。なかなか厳しい。

レベル6からレベル7へのランクアップ試験は相当厳しいとカウンセラーから言われました。
一発で受かった人はあまりいないそうです。

やっとレベル4のLPAに合格。
中級までくるのに2年近くかかりました。

これらは一部であるが、この他にも次のレベルに上がるための「LPAテストが難しい」「落ちた」という声は多かった。

 

ギリギリで合格したとしても、強制ではないが追加レッスンを勧められることも多いらしい。

 

受講者の中には、ネイティブ相当レベルになるまでビギナーから始めて4年かかったという人もおり、時間的、金銭的にも結構な投資だったと思う。

 

LPAを行うことが、良い意味で言えば、何とか1回でレベルアップテストに合格したいという気持ちになり、予習・復習も含めた自己学習をしなければならない状況を作ることになるのだろう。

LPAで落ちないためにできることは?

紙に書かれた”failure”と"success"

 

レベルチェックのLPAには、12個のチェック項目があり、そのうちの10個をクリアできなければ合格=次のレベルに進むことはできない。

 

そこで、LPA対策について調べてみたところ、多くの人が同じようなことを言っている。

 

どのレベルのLPAでも、次のように会話を重視されたものが行われている。

  • 写真を選び、その状況を説明する
  • インストラクターの質問に答える
  • 自分自身について話す
  • インストラクターとのロールプレイ

先にも述べたように、Gabaマンツーマン英会話は会話を重視しているので、スピーキング力を強化することが必要だ。

 

次に、LPA対策としてのトレーニング方法を受講者達の声からいくつか拾ってみた。

1.写真などを見て英語で説明や描写する

日頃から写真だけではなく、様々なものを相手に伝わる英語で説明できるようにひたすら練習する必要がある。

特にビジネスでは正確かつ簡潔に伝えることが求められる。

2.自分が思っていること、伝えたいことを適切に表現する

日本人は欧米人に比べると感情表現がうまくできないと民族だと言われている。

そのため、日頃から英語で自分が思っていること、感じていることなどの感情表現をできるようにする必要がある。

3.会話でよく使われる基本である4つの接続詞(and、but、so、because)を使った長文を作って話す

長文を作って話す練習は、長文を作ることによって単語力や文法力も強化できる。

LPA対策としてだけではなく、英語学習には有効である。

LPAでは、相手の言っていることを理解しているか、相手が自分の言っていることを理解しているか、自分の感情を表現できているかが重要になってくる。

 

そのためには、言い回しも含めた単語力や文法力が必要になってくる。

 

この3つ以外にも「テキストを復習する」や「コツコツ単語を覚える」などもあった。

 

とにかく、時事問題も含めたどのような話題をふられても、自分の意見を取り入れながら英語で話すことに慣れておくことが必要だ。

 

しかし、Gabaマンツーマン英会話のLPAというレベルチェックがある限り、受講者は自分の満足できる英語力になるまで、LPAを受け続け、そして、いつまで続くか分からないLPA対策を続けなければならない。

 

ここであなたに質問したい。

 

あなたは、どれくらいの期間で、どれくらいの英語力を手に入れたいのだろうか?

 

英語学習は、挫折との戦いでもある。

 

特にビジネスに通用する英語力を求めているのであれば、誰かのサポートを受けながら短期間で効率よく学習することが一番である。

 

いつ終わるか分からない英語学習を続けるより、一旦、短期集中型でビジネス英語力を身につけ、あとは応用あるのみ。

 

Gabaマンツーマン英会話の場合、LPAに落ちると、追加レッスンや同レベルでのレッスンを継続することになり、英語学習を続けるためのモチベーションにも影響してくると思う。

 

マンツーマンレッスンであっても、必ずやってくるLPAという難関を突破しなければ次のステップに進めないとなると、受講者にとっては金銭的、精神的な負担になるだろう。

 

もし、あなたがLPAやその対策に時間を取られることなく、ビジネスに通用する自分の望む英語力を自分のペースで短期間で手に入れたいのであれば、

 

トックンイングリッシュ(TOKKUN ENGLISH)しかない。

 

トックンイングリッシュは、 2018年5月7日より名称を新たにし生まれ変わった。

その名は、

英語学習コンサルティング

「PROGRIT(プログリット)」

英語学習を習慣にしてしまうには!?

キューブで作られた”STUDY"

 

トックンイングリッシュには、次に進むためのレベルアップテストはない。

 

カウンセリングで分析されたあなたのレベルに合った、あなたにとって最適なあなただけのオリジナルカリキュラムによって、短期間でビジネス英語を身につけられるプログラムなのだ。

 

ビジネスパーソンが挫折せずに確実にビジネス英語を身につけるためには、無駄のない効率的な学習法英語学習のモチベーションを維持できる環境が必要である。

 

日々の生活の中に英語学習を継続できる環境があれば、それは自然と習慣になるだろう。

 

最近話題になっているコーチング英会話スクールの中でも評判のトックンイングリッシュなら、あなたの英語力、目的、目標に合った、あなただけの学習カリキュラムで専属コンサルタントの徹底したサポートを受けながら、短期間で英語力を飛躍的に向上させてくれる。

 

ビジネス英語のプロである専属コンサルタントは、あなたが英語学習へのモチベーションを持ち続けられるように最後まで徹底的なサポートをしてくれる。

 

トックンイングリッシュは、いつの間にか英語学習をあなたの習慣にしてしまうのだ。

【トックンイングリッシュの特徴】

  1. ビジネス英語に特化
  2. 専属コンサルタントのサポートによるモチベーションが維持できる環境
  3. 「目標」「目的」「弱点」「強み」の分析から作成されるオリジナルカリキュラム
  4. 短期理論に裏付けされた効率的な学習法英語学習の絶対量の確保
  5. 遠方など通えない状況ではオンライン受講が可能

ビジネスに通用する英語を話せるようになるためには!?

”TIME IS MONEY”と書かれた文字とストップウォッチ

 

あなたは、時間の無駄遣いをしていないだろうか?

 

ことわざの「時は金なり」とあるように、時間は無駄に費やすものではなく有効に使うものである。

 

独学のために英語教材を趣味のように集めたり、英会話スクールに通っただけで英語が上達したような気になったり、次から次へと英会話スクールを渡り歩いたりと、人生の中で英語学習に使える時間を有効に使えていない人が多いのではないだろうか。

 

あなたは本気でビジネス英語を身につけたいと思っているのだろうか?

 

もし、本気で英語と向き合いたいのであれば、もう時間の無駄遣いはやめた方がいい。

 

そして、今すぐにでもトックンイングリッシュの無料説明会に行かれることをお勧めする。

 

なぜなら、ビジネス英語に特化したトックンイングリッシュは、専属コンサルタントのサポートによって短期間であなたの英語力を確実に伸ばしてくれるからだ。

 

トックンイングリッシュの無料説明会ではあなたの英語力チェック学習カリキュラムの提案まで無料で行ってくれる。

 

何度も繰り返すことになるが、

 

説明会は無料!である。

 

遠方であればオンラインでの受講ができることに加えて、希望すればオンラインで無料説明会も行ってくれる。

 

あなたには時間を無駄に過ごしている暇はない。

 

あなたは、やった後悔よりもやらなくて後悔する方が人生の中で大きな後悔になることを知っているはずだ。

 

もう迷っている時間はない。

 

Gabaマンツーマン英会話のLPAが難しすぎる!!あなたのレベルに合わせてビジネス英語を短期間で効率よく習得できるPROGRIT(プログリット)の詳細を見に行く⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です