TOEICだと分からない!?トライズが勧める英会話テストの”Versant”って何?

Pocket

"KNOWLEDGE"などの文字が書かれた交通標識

 

昔は、学校が勧めていた英語力を測る検定と言えば英検だったが、最近は事情が変わってきている。

 

日本の企業では、TOEICスコアを採用や昇進などの際に英語力の目安として利用するところが多いと聞いている。

 

しかし、TOEICの場合はスコアが高くても、英語を話せない人が多いというのはよく知られている話のようだ。

 

コーチング英会話スクールのトライズ(TORAIZ)は、英語力の上達度を測るためにTOEICではなく「Versant」というものを取り入れている。

 

「Versant」とは何なのだろうか?

 

トライズの英会話テスト「Versant」って?

電球の中に入っているクエッションマーク

 

TOEICやTOFELならよく耳にして知っていたが、正直「Versant」というのは初耳である。

 

  • 英語テストのスコアは高いのに、実際は全然話せない。

  • スピーキングテストの実施を検討しているが、スケジュール調整やその他の準備で「時間・手間・コスト」を考えると躊躇してしまう。

  • テスト結果がすぐ欲しいのに、数週間かかってしまい不便だ。

  • 客観的に英語力を測定したい。

 

このような条件をすべて満たしてくれるのが、イギリスのピアソン社が運営するスピーキング能力テストの「Versant(ヴァーサント)

 

日本国内での独占販売権は、日本経済新聞社が持っている。

 

ところで、現在、楽天市場で有名な楽天の社内会議の発言は、ほぼ全て英語で行われていることをニュースなどでご存じかと思う。

 

会社内で英語を使うとなると、社員全員が学校卒業から時間があまり経っていない若い人達ばかりではなく、英語から長く離れている社員もいたはずだ。

 

楽天社内で英語での会議を実現する一端を担ったのが「Versant(ヴァーサント)スピーキングテスト」だったという。

 

この「Versant]と呼ばれる英会話テストは、トライズの受講を始めると1ヶ月に1回受けることになる。

 

そこで、英会話テスト「Versant」がどういうものなのか調べてみた。

 

「Versant」って簡単に言うと?

吹き出しのイラスト

 

Versantを運営するピアソン社によると、次のように説明している。

VERSANTは、仕事で使える実践的な英語力を測るテストです。

従来のテストとは異なり、試験の実施と採点までが短時間で行えます。

ピアソンで開発された高度な自動言語認識システムを利用しており、スマホアプリや固定電話、パソコンがあれば日時や場所を問わず受験ができます。

国内外の大手グローバル企業での採用のほか、米国国防総省やオランダ政府移民局などの政府機関でもそのシステムが導入されるなど、信頼性の高いテストです。
引用元:Versantより 

忙しいビジネスパーソンの場合、オンライン環境さえあれば、受験場所を問わず、何時でも短時間で受けられるというのは助かる。

 

また、海外の企業や政府機関が導入していることからも、信頼できるテストだと言えるだろう。

 

「Versant」の特徴は?

プラカードを持った人型人形

 

ピアソン社は「Versant」の特徴を次のように説明している。

<実践を重視した英語力テスト>

「聞いて話す」という実際のシーンにおける英語力を測定。

Versantでは、Ordinateのテストシステムが受験者に対して一連の質問をネイティブの会話速度で音声により提示します。

質問は、さまざまなアクセントやスピーキングスタイルを持つ複数のネイティブスピーカーにより録音されています。

「英語を聞いてから英語で話す」といった形式をとるこれらの問題では、発話をリアルタイムで理解し、的確に処理する能力が必要とされます。

つまり、リスニングテストとスピーキングテストが分かれているテストでは測れない、「英語を聞いてから英語で話す」という実際のシーンに沿った英語コミュニケーション能力を測ることができるのです。

<迅速なテスト実施と結果発表>

英語のスピーキング及びリスニング能力を自動的に素早く測定・結果発表Versantのテスト時間は約10-15分。

テストは電話またはコンピュータを通して行われ、Ordinateの特許技術を採用した高度な音声認識技術を利用し英語のリスニング・スピーキング能力を測定します。

受験者の回答はリアルタイムで電話回線などを通じてOrdinateシステムのデータベースに自動的に送られ、コンピュータによる高度で客観的な音声認識システムにより即時に自動測定されます。

さらに、精度の高い測定結果はコンピュータによって即座に集計され、テスト終了後すぐにインターネット上で確認することができます。

引用元:ピアソン社より

TOEICスコアが高くても、英語を話せないと言っている人がいることをみても、TOEICが実践向きではないと言えるかもしれない。

 

Versantは、実践を重視しているからこそ、世界中の企業や政府機関に導入されているのだ。

 

また、英語学習者がこれまでの学習成果をテスト後すぐに確認できることは、英語学習のモチベーションの維持にも繋がるだろう。

Versantの自動音声認識システムとは?

音量を表すイラスト

 

ピアソン社の自動音声認識システムの説明は、次のように書かれている。   

この自動音声認識システムは、英語のネイティブスピーカーと非ネイティブスピーカーの発声を分析することに特化した音声認識技術であり、言語認識に加えて適切な文節、音節、語句を評価するものです。

独自調査によるとVersantテストは1対1によるインタビュー形式を含む現在最も優秀な人間の採点によるテストよりも客観的かつ信頼性のあるものであることがわかっています。

Versantは、様々な国での現代口頭英語との適合性をはかるためアメリカ以外でもレビューを行い、北米以外で標準とされる英語を身につけた受験者にとっても適切なものとなっています。

イギリスおよびオーストラリアで使われている口語表現とも適合するように、すべての問題をイギリスとオーストラリアの言語学者がレビューしています。

引用元:ピアソン社より 

どのようなテストでも、人間がインタビュー形式で行う場合、試験官によって採点が違ってくる可能性が出てくる。

 

そう考えると、自動音声認識システムだと、正確かつ公正な採点が行われ、信頼できる結果が得られるのではないだろうか。

 

だからトライズは「Versant」を勧める

GOODを表すイラスト

 

実践を重視し、24時間365日、時間と場所を選ばず、自宅に居ながら、スマホアプリや固定電話、パソコンがあれば受験できる英会話テスト「Versant

 

ここにも人工知能の活躍があると聞いて驚いてしまった。

 

トライズは、ネイティブ並みの英語が話せなくても、受講者に必要な英語力を付けることを目的にしているからこそ、この信頼できる英会話テスト「Versant」を選んだのだろう。

 

受講者の英語学習の成果を知るために、テスト結果が本当に実践で通用する英語力になっているのかが分かるものにしなければ意味がないと思う。

 

確実に学習成果が分かれば、それは受講者の励みにもなるのだ。

 

英語学習を始める年齢に早いも遅いもない!?

黄色い付箋に書かれた”LET'S DO IT” 

 

あなたは、英語が話せるようになりたいと思っているのに、諦めてはいないだろうか?

 

英語学習を始めるのに年齢が若いに越したことはないが、社会人になってからでも、英語から長く離れていても十分間に合う。

 

英語は、国際ビジネスで最も使われている言語であるが、世界の80%近くの人達は、母国語が英語ではない非ネイティブといわれる人達である。

 

トライズは、ネイティブ並みの英語を求めていない。

 

英語を話す時、特にビジネスに通用する英語を話す時に重要なのは、ネイティブ並みの英語ではなく、相手の言っていることを理解し、相手に自分の言っていることを理解してもらえる英語を話すことなのだ。

 

相手に誤解を与えないように簡潔かつ的確に伝えなければならない。

 

日々、トライズの専属コンサルタントとネイティブ講師による徹底的なサポートによって、早ければ3ヶ月で英語圏で生活できるレベルにもなれるという。

 

TOEICの高いスコアばかりを追い求めて、英語が話せない状態から抜け出すには、

 

コーチング英会話スクールの

 

トライズ(TORAIZ)しかない。

 

トライズのサポートがあれば大丈夫!

アルファベットの木製キューブで作られた”SUPPORT"の文字

 

もし、あなたの英語が初級レベルなら、英語を独学したり、週2回のレッスンだけの従来型の英会話スクールに通ったり、格安のオンライン英会話でレッスンだけを受けたりしても、あなたの望む英語力までには相当の時間とお金が必要になってくるだろう。

 

英語教材を購入して学習する独学は挫折しやすい。

 

英語を聞き取ることもできない初級レベルの状態で、格安という理由から流行りのオンラインを使った英会話レッスンだけを受けても上達しない。

 

いつの間にか週2回通っているだけ状態になりかねない英会話スクールは、英語レベルが合わなかったり、何年間も通わなくてはならないなどのケースも多く、英会話スクールを渡り歩く人もいる。

 

社会人が挫折せずに自分の望む英語力までなるためには、次のような環境が必要だ。

  • モチベーションを維持し、飽きずに継続できる
  • 自分の英語力をしっかり診断・分析し、目標設定
  • 自分の目的と英語レベルに合った教材
  • 日々、誰かのサポートを受けながら自分のペースでできる

その環境を提供してくれるトライズは、日々、専属コンサルタントの徹底したサポートと、あなたの英語レベルに合ったあなただけのオリジナルカリキュラムで英語学習ができる。

 

あなたは、英語学習のモチベーションを維持しながら、挫折することなく、あなたが設定したゴールへとたどり着くことができるのだ。

 

もし、あなたが社会人になって英語から長く離れていたのなら、回り道はせず、プロのサポートを受けながら効率的に学び直すことが一番の近道になるのだ。

 

トライズでは、無料カウンセリングを行っており、詳しい説明に加えて、あなたの英語力を診断し、あなたに合った英語学習法の提案までもしてくれる。

 

そこまでしてくれて【無料】である。

 

たとえ、遠方に住んでいても無料カウンセリングはもちろん、オンラインでの受講もできるのだ。

 

あなたが本気で英語を話したいなら、今、始めるしかない。

 

諦めるのは、まだ早い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です